手品をマスターしよう

ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

2007年07月08日

良いマジシャンVSお客さん

Do as I doの手品の話の続きなのですが、同じ人に50回くらいは見せてます(笑)。

それでもマジックのタネが分からないように演じるのがマジッシャンなわけで、Do as I doのマジックだけは他より相当な回数こなしてきたような気がします。

ただ、すごいマジックを演じることが良いマジシャンではないことは確かです。

「こんな難しい技法を駆使してマジック演じた」という思いでマジックを演じてしまうと、ただの自己満足の世界で終わってしまう。

人を楽しませてこそ、マジックなのです。

テレビで注目されているプロマジシャンのセロさんが、日本で初めてエンターテイメントとしてのマジックを確立させたんじゃないのかなと思う今日のこの頃。

第一次マジックブームの時のMr.マリックさんのマジックはエンターテイメント性抜群でしたが、その後彼の登場するテレビ番組はマジックの種明かし番組が多くなりました。

あと、前田知洋さんの演技を見ていて華麗な手さばきに惚れ惚れするのですが、僕がたまたま見た時の彼の登場するマジック番組は、某大物芸能人がトリックを粗探ししているため、少し悲しくなります。
(前田知洋さんの演技自体はジェントルマンチックで好きです)

お客さん側にもある程度マナーがあって、トリックの粗探しをするんじゃなくて、エンターテイメントとしてマジックを見るべきだと思います。

純粋にマジックを楽しもうとしながら見よーよ、と。

最近はそういう人が減ったんじゃないのかなー・・・って思ったり。
posted by 海田 洋祐 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビの手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

僕の好きな手品

僕が誰かに「トランプマジックしてよー」と言われたときにいつもするマジックがあります。

「Do as I do(私の真似をしてごらん)」というカードマジックです。

現象は非常にクリアで、「お客さんが演者と同じことをするのですが、なぜか現象が起こらない」というゲームみたいなマジックです。

クラシック的なDo as I doの奇術だと、「コップのパズル」や「組んだ手がほどけないギャグ」などが有名です。
(ちなみに、「組んだ手がほどけないギャグ」のDo as I do は、テレビでプロがたまに演じています。)

それまで怪しい雰囲気で行われていた奇術を、近代のような燕尾服に明るい照明、スマートな演出という完全なエンターテイメントへ変えた“近代奇術の父”とも呼ばれているロベール・ウーダンも昔、「Do as I do」のマジックをやったそうです。

彼の自伝によると・・・、

舞台に力の強そうな男性を呼び、小さな木の箱を持つように言います。

もちろん、問題なく軽々と持ち上がります。

しかし、ウーダンが魔法のジェスチャーをした後、先ほどの男性に小さな木の箱を持たせると、なぜか持ち上げることが出来ません。

現象が簡明なので、見ていてとてもおもしろく、何回もやりたくなるマジックです。
マジック手品は、現象が簡明で何が起こったかわかりやすいものほど良い。)

最後に、僕がよくやっているDo as I doのカードマジックを載せておきますので、どんな感じの現象かを理解してもらたらなぁーと思います(けっこう有名な手順です)。



(この動画では、Do as I doは、一番最後に演じられています。)
(Google Videoにアップしていた動画を削除し、You Tubeのビデオを貼り付けました。)

では、また。

posted by 海田 洋祐 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 手品 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

手品の種を見破りたがる日本人

欧米では皆(皆ということはないと思いますが)マジックをエンターテイメントとして見ます。
純粋にマジック・手品で“騙される”ことを楽しむのです。

しかしながら、どういうわけか日本人はマジックを見破るものだと思っている人が多い。
「絶対にタネを見破ってやる!」とか「騙されたから悔しい」とか、そういった方が意外に多いのです。

これは、たいていの場合、新規のお客さん(友人・知り合いなど)にのみ、起こりうることです。
今までテレビでマジックを見たことがない人や、いかにも「これからマジックします」的な状況下でマジックをしてしまうとそうなります。

というか、演じる前に最も大事なのはやはり、その人が“マジック好きかどうか”でしょう。
“すごい”と呼ばれるマジックを見せた後、相手が感動しながら唸るか、騙されたと感じながら唸るか。そこが重要だと思います。

マジックはあくまで“エンターテイメント”ですから、マジックに感動する人のみに演じて驚かせ、不思議な世界を体験させてあげれば良いのです。

少しマジックができるようになったからといって、皆に「見て見て!」と強制して見せるものではありません。

マジックに感動する人、つまりマジックを見るのが好きな人だけに見せて、次回その人たちから「マジック見せて」と言われるようになると、マジックを演じるのがより楽しくなります。

しかも、マジックを一度でも見せて驚かせたことがある人、そして、マジックに感動する人というのは、絶対に“タネを見破る”などという見方はしません。

「次はなにやるんだろー?」「すごーい!」というような感情で純粋にマジックを楽しむからです。そういうことを考えてマジックを演じることも大事だと思います。

posted by 海田 洋祐 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビの手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

手品の動画について

前回のマジックの動画のせいでページを開くのが遅くなってしまうみたいです(汗)


次回から1つずつ載せていこうと思いますので、これからも当ブログ「手品をマスターしよう」をよろしくお願いします。
posted by 海田 洋祐 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 手品 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。