プロ VS アマチュア 手品をマスターしよう

ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

2009年08月30日

プロマジシャンとアマチュアマジシャンを分かつもの

お久しぶりです、海田です。

いつかは滅多に書かなくなるだろうと思っていたこの手品ブログを、超久しぶりに更新します。

元々忙しかった生活が、最近さらに忙しくなってしまい、睡眠時間が足りていない状況です。

しかも、もともと不規則だった生活がもっと不規則になってしまい、太りつつある今日この頃です。

実は僕、夜中にラーメンとか食べたことないんですよ(笑)。

夜中にそんな油っこいもの食べたら気持ち悪くなって寝れなくなるんで、ずっと食べれなかったんですが、最近毎晩のように夜中にラーメンを食べる習慣が身に付きつつあります。

これだけでも不規則極まりないですよね。

早く元に戻さないとなーと思いながら、今もラーメン食べながらブログを更新しようかな、と(笑)。
(いやー美味すぎますよね、日清のシーフードヌードル・笑)

さてさて、今日、久しぶりにブログ記事更新画面を開いてみて、何を書こうかと思ったわけですが、初心者でもゼロからプロ級のマジックを覚えられる教材「ザ・イントロダクション」の受講者に、こんな質問↓をされましたので、

「プロのマジシャンになるにはどれくらいの練習と期間が必要なのでしょうか?」

その話題について考えていこうと思います。

まず・・・ですが、「テクニックも上手い、演技も上手い、プレゼンテーションも上手い、マネージメントも上手い」なら、プロマジシャンとアマチュアマジシャンの違いは紙一重です。

と、その前にちょっとアマチュアマジシャンとプロマジシャンについておさらいしておきましょう。

プロは、マジックを演じてお金をもらえば、それで「プロ」と呼ばれます。

たとえば、バーでマジックを演じて稼いでいるマジシャンもプロのうちの一人です。

テレビに出るだけがプロではありません。

プロマジシャンになりたい方がどのようなプロになりたいのかは定かではありませんが、テレビに出させてもらえるようなマジシャンになるには、他の人が考えたマジックをそのまま演じていてはいけません。

なにか自分のオリジナリティを持っていなければならないからです。

たとえば、ムッシュ・ピエールさん。

ド派手な化粧センスに、特徴的なヒゲ。

「トレビアーン」という決め台詞。

こういったオリジナリティがあって、はじめて人に評価され、テレビに出るくらいまでなるのです。

Mr.マリックさんだってそう。

なんとかとなんとかを組み合わせて「超魔術」という言葉を創り出し、それを個性にして自分を売り出しました。

マギーさんもあのテンポ良いお笑いマジックは飽きることがありません。

ふじいあきらさんもあのトランプを口から出すときのおもしろ怖い顔はとても印象的です。

前田知洋さんだって「奇跡の指先」と言われてますよね。
(しかも彼は、一応日本ではマジシャンが使うカードと言えばバイシクルが一般的なのに、タリホーのデックで差別化を図ろうとしているのかはわかりませんが(?)、そーゆーところも、戦略的だと言えるかもしれません。)

そんな風にオリジナリティがなければ、一流のマジシャンとして成功しないと思います。

そういうことを考えずになんとなくすごいマジックを演じているだけだから、多くのマジシャンは一発屋に終わってしまいます。

すごいだけで評価されるマジシャンの時代は、昔々のダイ・ヴァーノンの時代の頃にとっくに終わっています。

すごいマジックにプラスされたなにか特別なことが必要なのです。

ただ上手いだけではダメってこと。

ようは、プロとアマチュアを分かつものは、「報酬」以外で、「オリジナリティを持っているか、いないか」だと思うのです。

むしろプロになるには、「報酬」は二の次ですね。

個性(オリジナリティ)があって、他と違って、奇抜な演技力があってこそ、報酬がもらえるマジシャンになる。

ですから、冒頭のほうでお伝えした「プロとアマチュアの紙一重」は、そこなんですね。

とは言っても、常に時代は流れていくので、その時代時代に合ったその時代の人たちの心を掴むような個性(オリジナリティ)でなければなりません。

それをもできるようになるには、「時代の流れは、らせん状に移り変わる」という性質を理解して、時代を読む力が必要になってきます。
(ここでは省きます。)

ちょっと昔に大ヒットを記録した映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」

あれって、制作の段階に入るまで5年間もリサーチしてたらしいです。
(ハリウッド映画のほとんどは、それくらいリサーチをしてから映画化されます。)

リサーチしまくって、数年後にヒットすることがわかったから、映画化した。

こんな風に、時代を読んでいくことが何より重要になってきます。

僕は普段からテレビや新聞やニュースなどほとんどチェックしないので、今の総理大臣も知らないような状況ですが(さすがにそれは言いすぎか・笑)、たまに「まだこの時代になってなかったのか」と残念に思うことが多いのですが、そんな風に思ってしまうくらい時代を先読みするのもいいんじゃないのかなぁ、と。

もちろん時代を読んで、それにマッチしたマジシャンになれば売れるというものでもないと思いますし、あくまでこれは僕の考えの一部にすぎませんので、他にもいろんな要素は必要ですが、重要なことだと思います。

プロマジシャンになろうとはしなくても、自分のキャラ設定などは重要ですし、意識すると良いかもしれませんね。

ではでは、書きすぎて疲れましたので(苦笑)、今日はこの辺で。
posted by 海田 洋祐 at 08:38| プロ VS アマチュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。