マジシャンの騙しのテクニック 手品をマスターしよう

ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

2008年04月05日

マジシャンの騙しのテクニック

マジシャン・手品師の騙しのテクニックの方法はいろいろあるのですが、どうしてお客さんは驚いてしまうのでしょうか?
タネ明かしではありません)

(前回の記事にも書いたのですが)それはマジックが相手の常識や思い込みに働きかけるからです。

「常識では考えられない出来事・・・アンビリバボー。」

・・・ではなくて(笑)、今まで生きてきた上で常識となってしまった知識では解決できない現象が起こると、人は驚くわけです。

その不思議な世界を作り出すために、技法やお客さんを誘導するテクニックが必要なわけで、技法やテクニック自体がお客さんを驚かせているわけではありません。
(フラリッシュのようにそれ自体が驚かせる時もありますが)

不可能を可能にするのがマジック・手品ですから、見ているお客さんの常識や思い込みを覆す現象でなければお客さんは決して驚かないのです。
posted by 海田 洋祐 at 14:29| Comment(0) | 手品の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。