ある手品のテクニック 手品をマスターしよう

ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

2007年12月17日

ある手品のテクニック

消失マジックで、“ないものを消す”テクニックというものがあります。

演者は右手にコインを手に持っていて、それを左手に握ります。

左手を開くと、コインは忽然と消えてしまいます。

コインはどこにいったんでしょう?

タネはとても簡単。

演者は最初から何も持っていなかったんです。

マジックでは、こういった“ないものを消す”テクニックを使う時がたまにあります。

基本的にはコインを何回か消して出現させた後(客に「コインがそこにある」と認識させた後)、何らかの形で(客に気付かれないように)コインをポケットかどこかへしまい、最後に“ないものを消す”テクニックを使って消失させるのですが、この種のマジックの練習は演技力が非常に養われます。

なんせ持ってないものを持っているように見せ、それを消えたように見せるのですから。

本当にコインを握っているように見える手の握り方とか、ないコインを左手に移したりする(移したようにみせる)テクニックなんかを、怪しい動作なしでさりげなく行わなければタネがバレてしまうので、演技力が養われるわけです。

演技力を身につけたいと思ったら、やってみてもいいのではないでしょうか?

どんなタイプのお客さんがどーゆー時に目をそらすかといった、人間心理の勉強にもなると思います、きっと(笑)。

posted by 海田 洋祐 at 08:45| Comment(0) | 手品の種明かし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ゼロから覚えるプロ級マジックパーフェクトマスタープラン「ザ・イントロダクション」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。